ホームマインドフルネス講座について

マインドフルネス講座について

あなたは、小さなことにクヨクヨしたり、怒ったり、感情にふりまわされたりしていませんか。あるいは、お金や物、地位や名誉、美貌を手に入れることが幸福だと思っていませんか?

近年のポジティブ心理学の研究で、外的要因では幸福度は高まらないことが分かってきています。もし、あなたが、お金や物を目標に人生を生きているなら、いくら手に入れても幸福にはなれないのです。今のままでは、間違ったゴールに進んでいるのです。

でも、正しいやり方を知れば、今の環境のまま、幸せに近づくことができます。その方法の一つが、Googleが人材開発に採用しているメンタルトレーニング、マインドフルネスです。

マインドフルネスは、訓練を続けることで、ストレスの軽減、生産性の向上、リーダシップ能力の向上、共感力の向上、ショックな出来事からの回復力の活性化、創造性の活性化など、素晴らしい効果が見られるようになります。

マインドフルネスは、Googleだけでなく、インテルやFacebookといった大手企業が、社員研修として次々に導入しています。脳科学の発達により、マインドフルネスの効果は科学的、医学的に証明されつつあります。

マインドフルネスは、元々、仏教や禅がベースになっています。しかし、怪しいものではありません。仏教や禅を学んだアメリカのジョン・カバット・ジン博士が、それらから宗教色を取り除き、整理しなおしたものなのです。

カバット・ジン博士は、ホスピスのがん患者向けにこの方法を考え出しました。ホスピスの患者らが落ち込む事を何とか改善したいとメソッド化したのです。

とはいうものの、本当に効果があるのか疑問を持つかもしれません。きちんと継続すれば、効果がでてきます。コスト意識が高いアメリカの大企業で導入されているのが何よりの証拠。効果がはっきりしないものをGoogleなどが導入しませんよね。

ちなみに、Googleのマインドフルネス講座は、社内でも一番人気があるそうです。

ただし、マインドフルネスには、一つ欠点があります。それは、1日だけで身につけられるほどインスタントなものではないのです。

現代人は、1日で身につくとか3日で一流にとかというキャッチコピーに弱いものです。しかし、マインドフルネスは継続が大切です。でも逆に言えば、コツコツと2ヶ月もやり続ければ、変化が出てくるのです。ぜひ、あなたもマインドフルネスを学んでください。

◆◆◆重要なポイントは3つです◆◆◆
①仏教や坐禅といった手法から宗教色を取り除き、アメリカの大学教授やgoogle社が科学的、合理的にその仕組みや方法をまとめた「マインドフルネス」という方法を紹介するとともに、訓練していきます。

②一般のマインドフルネス講座や書籍では教えない、より「マインドフルネス」が理解しやすくなる概念をお伝えします。

③ただし、一回だけですぐに幸せになれるかというと、残念ながらそうではありません。でも、シンプルな方法を毎日実践するだけで、確実に幸せに近づきます。

 

今後、セミナーの開催が決まりましたら順次アップしていきます。